カテゴリー「51:航空券」の記事

2016年6月30日 (木)

ANA「伊丹→羽田」搭乗券

20160630
昨日の記事を作りながら、あれ?こんな体裁だったっけ?過去のANAの航空チケットを探したところ、やはり変わってました。
こちらは、体裁が変わる前の「搭乗券」です。

かなりシンプルな体裁になっています。昨日の「ご搭乗案内」もそうでしたが、これは手荷物検査の際に発行されるものです。なぜ「搭乗券」が「ご搭乗案内」と名称が変わってしまったのかは謎。
画面の一番下に「INTOW」という文字が見えますが、これは国際線の乗り継ぎ運賃を意味しています。すなわちこの便で羽田に向かって羽田から海外に行ってます。
このため、この航空券は国際線の航空券の一種とみなされ、名前もローマ字で出力されます。(隠れてますが・・・)

----

さて、この日は本来は関空から羽田向かって羽田から海外に行く予定でした。
しかし、見事に寝坊。自宅から遠い関空はどう考えても間に合いません。
そこで自宅から近い伊丹空港に転進。そこでチェックインさせてもらいました。羽田での国際線の乗継時間は50分。(通常乗り継ぎ時間は80分)
係員も、「ちょっと厳しいかもしれませんががんばってみます」。と便変更を認めてもらい、伊丹から羽田に向かいました。
羽田で降りると、係員が待機。係員の車で国際線ターミナルへ。出国手続きを済ませて、搭乗ゲートに向かうと、私が最後の客でした。。。危なかった。

実は帰国時も渋滞にはまって空港に着いたのが、離陸15分前という際どい時間でした。
それでもなんとかしてくれるのがレガシーキャリアのいいところ、LCCだと絶対こんな危ない橋は渡れませんよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

ANA「伊丹→福島」ご搭乗案内

20160629_1
今回はANAの1695便、伊丹発福島行きの搭乗案内書(?)です。
鉄道のきっぷ以上に飛行機の搭乗券のスタイルの変化は激しく、昔は青く大きな紙だったのですが、最近はICカードを持っていれば、一切紙を発行せずに搭乗することも可能になりました。
とはいっても羽田みたいな大空港だと搭乗口がどこなのか紙で出してくれたほうが親切です。ということで、このような搭乗案内が発行されたのでは、と思います。

さて、このANA1695便ですが、この日が営業初フライトとなるB737-800(機体番号JA85A)での運航です。
東北フラワージェットと名づけられたこの機体は「震災を風化させない」「東北の元気と感謝を全国に届けたい」というANA福島空港職員の発案によって企画され、今回の新造機にデカールされました。

文字通り機体にさまざまな花が描かれています。
20160629_2

伊丹空港での写真ですが、飛行機の近くでGHさんが水で花の絵を描いてます。もっとも離陸時には乾いてすべて消えてましたが。
伊丹で簡単なセレモニーが行われ、早速搭乗。ここで記念品などが配られました。
この日は快晴で、下の景色もよく見えます。順調に飛行を続けて定刻に福島空港に着陸しました。

福島空港では大勢の見物人がお出迎え。そして脇には消防車が。
20160629_3

駐機場に入ろうとすると、消防車が放水アーチをかけました。放水は初めての経験です。
20160629_4

本来ならば、搭乗ゲートに入るのですが、この日は駐機スポットで停止。客はタラップで降機することに。時間があれば、スポットに留まって飛行機の機体を思う存分撮影するサービスがありました。
20160629_5

ANAでは搭乗記念に飛行機の絵葉書がもらえますが、この便の絵葉書はフラワージェット仕様です。
20160629_6

絵葉書の裏面には手書きのメッセージが添えられていました。
20160629_7

また、初便ということで搭乗証明書(?)も。
20160629_8

福島空港では、この日、空港のエプロンに仮設のステージを組んで野外フェス「ふくしまおおぞらフェスタ」が開催されてました。
こちらも参加しましたが、写真は禁止なので撮影はしていません。そのかわりといえばなんですが、福島空港の展望デッキからフェスの後ろ側を撮影してみました。
20160629_9

福島空港は便数は少ないですが、時折ステージの横を飛行機が離着陸するなど、なかなか面白い展開になっていました。

<おまけ1>
福島空港からは乗り合いの定額タクシーを利用。自分は小名浜まで乗ったのですが、運賃は3500円。
乗り合いとは言うものの、客は自分ひとりだったので、実質普通のタクシーとなんら変わらず。空港から小名浜までは直線距離で60キロ、時間にして約90分。
これ、普通にメーター倒してたらいったいいくらになったんだろうか、と想像してちょっと怖くなりました。空港からいわき方面は郡山経由だと遠回りになるので、この定額タクシーはオススメです。

<おまけ2>
華々しくデビューした東北フラワージェットですが、5/27に与圧装置の不調(?)で機内の気圧が大幅に下がる事故が発生。鼓膜が破れる人が出るなど、負傷者も出ました。
先日運用に復帰しましたが、しばらくの間は「鼓膜が破れた飛行機」とか言われるんだろうな、と。
復興の期待をこめてデビューしたのにいきなりケチがついた格好ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

ANA[成田→伊丹」2179便搭乗案内書

20140713
飛行機関連は久々です。
すっかりこのブログではおなじみの成田~伊丹間2179bンの航空券(搭乗案内書)です。
完全チケットレス化で、航空券自体ほとんど見ることなくなってしまいましたが、まあこれも時代の流れなのでしょうか。

さて、成田~伊丹間のANA2176/2179便は長らく国際線用B777-300ER機(長距離仕様)が使用され、国際線ビジネスクラスのシートが国内線エコノミーで利用できるとあって、隠れた人気がありました。
末期のビジネスクラスは最新鋭のスタッガートシートになり、フルフラットシート、全席通路側配列など、国内線エコノミーとしては最高位のシートではなかったかと思います。
さて、この2176/2179便ですが、今年3月末よりB777-300ERから通常の国内線用B738-800にシップチェンジされ、ボーナスステージ(?)は終了しました。

大型機から小型機へのシップチェンジはえらいダウンサイジングな印象を受けますが、国際線長距離用大型機であるB777-300ERと、国内線用B737-800は定員にして50人ぐらいしか差はなく、見かけほど減ってはいません。(というより、長距離国際線用機材はもともと定員が少ないです。)

個人モニターは旧NewStyle機材では仕様不可になっていましたが、スタッガート機材ではモニターは使用可能になっており、離陸前から使用可能になっていました。
案内のほか、ルートマップ、一部のビデオが見られるようになっています。

20140713_2

ANA国内線で国際線機材で定期的に運行されている便としては、このほかに羽田~関西空港のANA141/150便があり、こちらは主に短距離国際線用のB767-300ERが使用されています。こちらもビジネスシート区画は普通席に開放されています。
関空行きは朝早い便、羽田行きが夜遅い便なので、主に羽田から出発する旅行に使えます。

短距離国際線機材なので、ビジネスクラスシートはここまで豪華ではありませんが、それでも新幹線グリーン車よりは豪華です。
ただし、こちらは席数が少ないので、ANAの上級会員以外はかなり競争率が激しく、早めの予約が必須です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土)

「東京羽田→台北松山」搭乗券

20130713
本日よりしばらくは海外編です。
まずは、東京羽田→台北松山行きのANAのビジネスクラス搭乗券です。

台北には桃園と松山の2つの空港がありますが、このうち桃園が国際空港で、松山が国内線専用でした。(以前は松山で国内線、国際線両方が運航されていましたが、1979年に桃園国際空港が開港して国際線はそちらに移転しました。)
しかし、2009年に松山空港と、中国本土との定期便が運航開始。2010年には羽田空港の国際線再開に伴い、羽田~松山間の定期便が開設され、1日8便がJAL、ANA、エバー、チャイナエアによって運航されています。

さて、今回ANAを利用しました。
機種は昨今世間一般をお騒がせしたボーイング787型機。高松空港でバッテリーから火を噴いてから運休してましたが、この6月に営業復帰したばかりの機体です。
B787は初めての搭乗です。
20130713_2

羽田から松山までは約3時間弱。
国内線では羽田から石垣島まで飛んでいますが、台北は石垣島と大差ありません。

とはいっても国際線ですから、ちゃんと機内食はでます。
もっともビジネスクラスとはいえ、短距離国際線ですから機内食も質素ですが。。。
20130713_3
国際線というより長距離国内線を少し伸ばしたぐらいの感覚の羽田~台北線ですが、松山空港に着陸し、ボーディングブリッジを抜けるとそこは漢字の国が。まぎれもなく海外です。

松山空港は思ったよりだいぶ小さな空港でした。

飛行機を降りてからてくてく歩くとほどなく入国審査へ。ひどいときはここで1時間とか待たされるのですが、なんと待ち時間なしで通過。入国審査も数秒で終了。
あとは税関を抜けるだけですが、台湾は税関を抜ける際の書類すらなく、またチェックすらされずに空港の外に出ることができました。
飛行機を降りてから空港の外に出るまでわずか5分!
入国審査のある国際空港では自分の経験した中では断トツの速さです。

そして空港の外に出ると、35度の南国の日差しが容赦なく照りつけるのでした。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

ANA「関西→羽田」搭乗券

20120221
2/19の記事で、くろしお30号を日根野で下車しましたが、理由はこれです。
予想ついてた方も多いでしょうが・・・

関西空港発羽田行きANA150便です。関空から羽田に向かう最終便となっています。
この機材は、B767-300ER機の国際線機材による運航となっており、ビジネスクラス区画は普通席として開放されています。このためいわゆる乗り得席となっています。
近距離用なので、フルフラットにはなりませんが、それでも新幹線のグリーン車並の装備があります。
B767-300ERの国際線機材ビジネスクラスの座席はこちら。

さすがに楽です。シートピッチ127cmはグリーン車よりも大きく。自由に足を伸ばすことができますね。
このほか、関空便では朝方の羽田発関西空港ゆきANA141便が同じく国際線機材による運航となっています。
関空は大阪市内はともかく京都・神戸方面はちと遠いのですが、この日は南紀から帰ってきたわけですから、関空経由が最速になりました。

----
(注)本当は1/15に搭乗したのですが、搭乗券を紛失したみたいで、かわりに昨年8/6に搭乗したものをアップしています。出てきたら差し替えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

ANA「羽田→山口宇部」搭乗券/草江→400円区間乗車券

20111007
20111007_2_2
上が羽田から山口宇部空港への搭乗券で、下は山口宇部空港最寄のJR宇部線の草江駅からの乗車券です。
乗車券は販売委託している商店で購入したもので、旧富山港線の競輪場前駅と同じく大型軟券となります。
なお、400円区間は新山口、厚狭などが該当します。

----------

山口宇部空港は現在は羽田空港からANAとJALがそれぞれ運航しています。
この距離になるとさすがに新幹線だと苦しく、空路優位になる傾向にあります。
20111007_3
さて山口宇部空港へのアクセスですが、新山口や下関など山口県県内各地にリムジンバスや乗り合いタクシーがあります。一方、鉄道アクセスとしては空港から徒歩8分という非常に近いところにJR西日本宇部線の草江駅があります。

空港の案内の人に聞いてみると地図で教えてくれました。
実際に歩いてみると、空港を出て道路を渡ると目の前に駅が見えます。
20111007_4
まあありふれた無人駅です。特に空港最寄り駅・・・という案内はありませんが、駅前の看板を見ると本当に近いことがわかります。これだけ近いと、空港連絡鉄道としてPRすれば宇部線の利用客も増えそうですが、そうするとどう考えても山陽新幹線の利用客がこちらに流れそうなので、あえて出していないのでしょうか。
20111007_5
無人駅ですが、きっぷは駅前の西村商店で購入します。
いわゆるきっぷの販売を商店に任せているわけですが、こういう駅は地元の人しか使わない駅であることが多く、空港最寄駅というヨソ者が多くなりがちな駅で商店に委託というのは意外と珍しいかもしれません。
御年94才というおばあちゃんが体調が悪いとき以外は年中無休で営業しています。

もちろん空港からJR宇部線利用も皆無ではなく、キャスターをかかえてやってきたりしますが、やはり商店できっぷを買うというのは珍しいからか、店の写真をさかんに撮ったりしていました。
20111007_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

スカイマーク183便(茨城→神戸)搭乗券

20111003_2
かなり久々の航空券・搭乗券ネタです。スカイマークの搭乗券です。
年間数十回飛行機には乗ってますから、結構乗っているはずなのですが、マイレージの関係上、今までANAがメインでした。

が、スカイマークの安さと、そして茨城空港がどんなものなのか気になったので、初めてスカイマークを利用してみました。
予約はネット上で。茨城→神戸12000円は、EX早特並み。茨城からだったらかなりお得でしょう。
茨城空港までは東京都から500円でいける連絡バスもあるのですが、今回は普通に石岡から空港連絡バスに乗車。そして茨城空港に到着です。

茨城空港はかなりシンプルな構成。
20111003_2_2 ボーディングブリッジ(待合ゲートから飛行機までを結ぶ可動の連絡橋)のようなものは当然なく、かといって連絡バスもありません。
利用客は歩いて飛行機前のタラップまで行くことになります。
離島便などでこういうケースに遭遇することはありますが、ジェット機就航路線だと案外珍しいかも。
おかげで、飛行機を下から撮影できたのですが・・・

スカイマークは機材を最新のB737-800(B737NGシリーズ)に機材を統一。
かといってシートが狭いとかそういうわけでもなく、普通の飛行機でした。(そりゃあたりまえ。)
機内は音楽がないのが目立つぐらいで、あとはANAやJALと大差ありません。
ドリンクは有料ですが、市価より割安なので、買って持ち込むより機内で買ったほうが安くなるみたいです。

最近、スカイマークがあちこちに進出して価格競争を仕掛けていますが、
別段他社に見劣りするわけではない機内サービスに、この価格だと、なるほど人気が出るのもうなづけますね。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

コロプラ☆AMXきっぷ(天草エアライン)

20110529_2
20110529_4 20110529_3_2
コロプラ花いっぱいキャンペーンは鉄道だけでなく、船や飛行機もあります。

というわけで、今回は天草エアラインの「コロプラ☆AMXきっぷ」です。
天草エアラインは現在3路線運航し、福岡~天草、伊丹~熊本、熊本~天草で、このうち、伊丹~熊本~天草は連続運航です。ただし通しで搭乗する際もいったん熊本で降りる必要があります。
20110529_6 撮影空港は、その4つの伊丹、熊本、天草、福岡の4空港。
難易度は高いといえば高いですし、そうでもないともいえます。
特に天草空港が曲者で、飛行機以外で熊本駅からバスという手もありますが、2時間かかるため、結構時間がかかります。

「コロプラ☆AMXきっぷ」についてはネットや旅行会社で取り扱いは行わず、前日までに直接天草エアラインに電話して予約することで購入できます。
運賃は普通運賃と同じ。
ちなみに伊丹空港は塚本で撮れたりします。。。

さて今回は一番距離が短い「熊本→天草」線です。
所要時間は15分。離陸してしばらくすると即着陸という感じです。
バスで3時間の距離ですからまあそんな感じでしょう。

天草エアラインはボンバルディアDHC-8-100の1機しか所有していません。このため、故障すると全便運休になってしまいます。
小型のプロペラ機ですが、高度が低いため、天草諸島の島々が綺麗に見渡せます。
座席ポケットにはCAお手製の飛行経路入りのマップが備え付けられており、地図と照らし合わせながら窓からの眺めを楽しむことができます。
20110529_2   天草飛行場は小さな空港で、現在のところ、定期航路は天草エアラインしか使っていません。

ボーディングブリッジなんて豪勢なものはなく、客は飛行機からてくてくと歩いて旅客ターミナルに向かうことになります。

さらに手荷物検査場と搭乗口が一体化しており、搭乗待合室というものが存在していません。
つまり、あらかじめ手荷物検査を済ませて搭乗待合室で待つのではなく、搭乗のアナウンスが入ってから手荷物検査場が開くというスタイルになっています。
これはさすがに軽いカルチャーショックを受けました。
(まあ、波照間空港もそうでしたが・・・・)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

ANA「福岡→羽田」(2階席)搭乗券

20110301_2
一ヶ月以上ぶりの更新になります。
この間、仕事上いろいろトラブルがあったり、プロバイダ変えたり、サーバを変えたり、海外逃亡旅行したり、自分が持っていた4つのサイトを停止したり、移転したりといろいろありました。
まあ、移転作業はまだ続行中ですが、まあ今週中にめどがつきそうなので、更新再開です。
またおつきあいいただければ、と思います。

肩慣らしついでの1回目は、飛行機の搭乗券です。
ANAの福岡から羽田です。「2階席/UPPER DECK」とありますが、これは飛行機の2階席、つまりB747-400(テクノジャンボ)の」2階席ということになります。

JALのジャンボは、今日すべて退役しましたが、ANAのジャンボは国際線は今月いっぱいで退役するものの、国内線はしばらく残るようです。
このため、この2階席もしばらく残ります。

2階席は、3列×3列の6列ですが、天井のカーブがきついため、窓際に座席を配置することができず、窓側席から窓がやや離れています。その代わりといえば、窓と座席の間に小物入れがあり、小さなかばんなどをしまうことができます。
また、窓がやや上を向いていることもあり、お世辞にも眺望がいいとは言えません。
陸上交通の2階席は展望がいいというのが相場ですが、ジャンボについては2階席の眺望を期待するだけ無駄でしょう。
というか空の高さを考えたら1階席/2階席なんてほとんど関係ないとも言えますが・・・

なおこの86K席は2階席の一番後方座席です。
この付近の座席は頭上の荷物入れがないため、大荷物を機内に持ち込んだ場合、置く場所に困ります。
そもそも荷物を持って2階に上がるのも面倒ですから、大荷物を機内に持ち込む場合は2階席は避けたほうがいいでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

「GUM(グアム空港)-KIX(関西空港) NH914便」搭乗券

20090128_2

グアムから関空への帰路はNH914便です。ANAによる運航です。
この便、グアム発3:55発というとんでもない時間に出発です。

ホテル出発が深夜の2時半、10分ほどで空港に到着し、カウンターでチェックイン。
このとき渡されたのがこの搭乗券です。
日本と異なり、ほとんど英語です。(そりゃそうだ)

PRIORITYのスタンプが押されていますが、これは自分がスターアライアンスのゴールドメンバー(自分はANAのプラチナを所持しています。)だからと思われ、
出国審査も長蛇の列の一般レーンに比べて、ガラガラのプライオリティーレーンを通れます。
(正直グアム空港のヌシ、コンチネンタル航空はワンパス・スカイチームなので、スターアライアンスでもプライオリティー扱いされるとは思わなかった・・・)

帰りもビジネスクラス席の7A席ですが、寝不足は如何ともしがたく、6時半に到着した関空では完全に寝不足モードになってしまいました。

なお、この日の914便を持ってANAのグアム便は休止され、スターアライアンスの航空会社でグアムに行くことが不可能になってしまいました。
(同時に関空から中国・韓国以外のANA国際線は全滅になりました。)
そのせいかはわかりませんが、搭乗時には深夜にもかかわらず地上スタッフが総出で出発を見送っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)