カテゴリー「15:とくとくきっぷ・旅行ツアー系のきっぷ」の記事

2014年3月22日 (土)

こだま731号「きままにこだま」

20140321
20140321_2

「きままにこだま」による、こだま731号の乗車票です。
前回の記事でスタートが11:30とえらく中途半端な設定にしていた理由がこれで、九州入りを、こだまで行ったためです。

価格:7,700円(新大阪~博多こだま普通車、通常期)(子ども:半額)
発売期間:通年、乗車の一ヶ月前から前日まで 
利用可能期間:一応期間限定扱い。(終了日未定)
有効期間:指定された日付のみ
効力:指定された「こだま号」の指定席の片道乗車
発売箇所:関西、九州地区の近畿日本ツーリスト。駅での販売はない。
備考:いわゆる「ツアー」であり、きっぷではないため、払い戻しは特別のルールがある。変更は一切不可。乗り遅れたらそのきっぷは無効に。500円分のクーポンつき。

バリ得こだまは日本旅行の商品でしたが、こちらの「きままにこだま」は近ツリの商品で、当然のことながら近畿日本ツーリストと、その商品を扱うAGTでのみでの販売となります。
とはいっても名前が違うだけで、効力はほぼ同じですが。。。。
前回と違うのが、クーポン券が300円→500円分になっただけ、値段が7,500→7,700になったのと、そのクーポンが、キオスクではなく、博多のアミュプラザでのクーポンになったことでしょうか。

20140321_3
使い勝手はバリ得こだまのキヨスククーポンのほうがよさげですが、こちらは交換によって500円分のアミュプラザの商品券との交換なので、その日に使う必要はなく(1年間有効です。)無理なく消費できる点が利点でしょうか。
まあアミュプラザなんかいかねぇ!なんて人には無用の長物にはなってしまいますが・・・

さて、旅行商品ですが、購入の敷居はかなり低く、近ツリでかえるほとんど「前日までに買えるきっぷ」扱いに感じました。
というのも、パンフをもってお店に行き、係員に日付と列車を言えばもう発券してくれます。ツアーなのですが、名前を聞かれることすらなく(ぷらっとこだまやツアーバスですら名前は必須)、旅行申込書、行程表すらありませんでした。ツアーで旅行申込書を書かなかったのは初めての経験でしたが、ちょっといいのかなあとかえって不安になったり。

またぷらっとこだまでは、ツアー枠としてこだま号の指定席の一部分しか指定できませんが、こちらはそんな枠はないようで、こだまの指定席のどの号車、どの席でも座席指定ができます。
せっかくなので、コンセントがついている端席を指定。これで退屈しのぎも電源問題も解決です。

さて、「こだま731号」は700系での運転です。指定席は4号車~6号車になっています。
山陽新幹線のこだまの指定席については、やはり拡大傾向にあるようで、4号車を指定席にする列車が増えているように感じました。

20140321_4_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月17日 (火)

特急「こだま766号」バリ得こだま

20131217
20131217_2
「バリ得こだま」による「福岡市内→大阪市内」こだま766号の乗車票です。

価格:7,500円(新大阪~博多こだま普通車、通常期)(子ども:半額)
発売期間:通年、乗車の一ヶ月前から前日まで 
利用可能期間:一応期間限定扱い。(終了日未定)
有効期間:指定された日付のみ
効力:指定された「こだま号」の指定席の片道乗車
発売箇所:日本旅行、JTB、近畿日本ツーリストなど。ただし、販売会社によってプラン名、価格等は微妙に異なる。駅での販売はない。
備考:いわゆる「ツアー」であり、きっぷではないため、払い戻しは特別のルールがある。変更は一切不可。乗り遅れたらそのきっぷは無効に。販売会社によってはキオスクで使えるクーポン付き。

いわゆる「ぷらっとこだま」の山陽新幹線版です。ただし、山陽新幹線のこだまは一部の列車を除きグリーン車はないので、グリーン車用は設定されていません。
またぷらっとこだまと違い、大阪、福岡両市内で在来線が利用できるのと、販売会社によって微妙に価格や特典、販売区間や販売箇所が違います。詳しくは各社にて。

日本旅行・・・「バリ得こだま」
阪急交通社・・・「GoGoこだま」
近畿日本ツーリスト・・・「気ままにこだま」
JTB・・・「こだ丸」
南海国際旅行・・・・「こだま割引きっぷ」

いずれもこだまを片道から利用できて価格は7200~7500円程度。差額はキヨスククーポン券の有無だったりしますが、発着駅によっても各社微妙に価格が異なります。
全部集めてもいいのですが、そのたびに「こだま」にのるのはちょっとやだなあ。。。
なおプランによっては関西地区の店舗のみ、あるいは九州地区の店舗のみ販売だったりますが、バリ得こだまの場合はネット販売ならば日本全国で購入可能(送料は無料)なので、比較的購入の敷居は低いかと思います。
ネット購入の場合は乗車の5日前が締め切り、必要事項を記入したらクレジット決済ができるのでそこで購入完了です。

乗車の7日前ほどに乗車票が郵送されてきました。
指定された号車は6号車。500系なので旧グリーン席です。
券面になぜか「復路」とありますが、これはもともとのツアーの正式名称が「バリ得こだま 博多ば行くったい!山陽新幹線こだま限定プラン」という結構長ったらしい名称で、基本的に大阪から福岡往復を前提にしているためではないかと思われます。で、今回は博多→新大阪のみ購入したので、「復路」のみの乗車票が送られてきたのでは、と思います。

さて、今回乗車の500系です。やはりインパクトは今でも一番ですね。
車内販売はないので、食事などは事前に購入する必要があります。クーポン300円分もそこで使ってしまいます。
20131217_3

さて、500系新幹線の8号車には擬似運転台が設置されています。主に子ども向け用かな?
スピードメーターなども設置されています。
20131217_4

博多~新大阪は4時間18分かかります。時間がかかるものと思い込んで、暇つぶし対策は十分にしたのですが、そこは腐っても元グリーン車。座席に座るとすぐに爆睡モー^ドに入りました。
ただグリーン車時代にあった可動式枕が撤去されたので、少々頭と腰のバランスが悪くなり、少しのけぞるようなすわり心地になっていましたが、これはまあ仕方ないでしょう。

6号車の指定席は8割程度の乗車率で、かなりの盛況。結構な数の人が博多~新大阪乗り通していたので、この手のツアー客も結構多かったのではないかと思います。
逆に自由席はガラガラ。場所によっては誰もいない号車もあり、極端に人口密度が偏った状態になっていました。
20131217_5

どうやら指定席が好調なのはたまたまではなく、各種割引きっぷ等の結果常に混んでる状況のようです。
JR西日本では6号車のほか5号車、場合によっては4号車も指定席にすることがありましたが、旧グリーン車だった6号車との格差がありすぎます。
このため、4号車と5号車も従来の「3列×2列」から「2列×2列」の配置に変更する工事を行って、数日後には完了する予定だそうです。

23:19無事新大阪到着。
感想は、「寝てりゃ時間がかかっても気にしない」でした(笑)まあどうせほとんど夜でしたし・・・

| | コメント (0)

2011年9月23日 (金)

特急「こだま668号」ぷらっとこだま乗車票(普通車用)

20110923

ぷらっとこだまです。
通常のJR東海ツアーズの店舗で購入すると、このようなバウチャー券になりますが、今回はEぷらっとネットを利用して購入しました。そのとき郵送されてきたきっぷがこれです。

マルス券ですが、真っ白です。
真っ白というと嵯峨野観光鉄道のマルス券もどき(?)が過去ありましたが、こちらは白地にJR東海ツアーズの地紋が入っています。

バウチャー券との違いは、自動改札をそのまま通せることで、やはり取り回しはこちらのほうが圧倒的に上でしょう。
特急券に近い体裁ですが、あくまでも乗車「票」であり、金額が記載されていません。(JRでいう「券」と「票」の違いは基本的に金額の記載の有無です。)
まあ過去何度も触れましたが、やはりぷらっとこだまは、きっぷでなくて「ツアー」であるということがこのことからもはっきりみてとれます。

さて、郵送の場合、送料として別途200円がかかります。4予約までまとめて予約でき、それでも送料は200円なので、結構良心的といえそうです。

-------------

ぷらっとこだまのチケットの送付は基本的に佐川急便を使います・・・・これが実は大はまり。
基本的に私は、通常家に帰るのがどんなに早くても20時。ところが佐川急便の時間指定は19時~21時の指定しかなく、この指定をかけると、私の場合ほぼ間違いなく19時台にきてしまって空振りということになります。(一人暮らしですから。)

土日ならばいいのですが、購入して発送されてから、乗車当日までは平日しかなかったので、これではどうしようもありません。
仕方がないので、佐川急便の営業所まで深夜にひきとりにいくことに。往復2時間、電車代400円ほどが余計にかかってしまいました・・・
もう使わないとは思いますが、私がネット通販に手を出せないのはひとえにこの「ひきとりができない」というこの一点に尽きますね。
(ヤマト運輸は20時指定が可能なので、比較的まだ受け取りやすいです。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

特急「こだま653号」ぷらっとこだま乗車票(グリーン車用)

20110811

ぷらっとこだまです。
厳密にはきっぷではなく、ツアーの一種ですが、使い勝手はきっぷに近いものがありますね。
高速ツアーバスの新幹線版といったところでしょうか。

価格:11,300円(東京~京都グリーン、通常期)(子ども:8,900円)
発売期間:通年、乗車の一ヶ月前から前日まで 
利用可能期間:通年
有効期間:指定された日付のみ
効力:指定された「こだま号」の指定席・グリーン車の片道乗車
発売箇所:JR東海ツアーズ、JTB、eぷらっとネットなど(JR東海の窓口では販売なし)
備考:きっぷではないため、払い戻しは特別のルールがある。変更は一切不可。乗り遅れたらそのきっぷは無効に。ドリンク券つき。

20110811_2

格安で移動できるぷらっとこだまですが、これだけ広まったにもかかわらず、普通のきっぷのように乗り遅れたら自由席に乗ったりするトラブルが後を絶たないようです。

このため発売時に変更できないなど、口うるさく言われます。また、券面が「東京都区内」「京都市内」ではなく、東京・京都単駅なので、東京で在来線で降りて新宿へといった普通の新幹線の使い方はできません。それどころか新幹線・在来線の乗り換え改札すら使えません。
(ぷらっとと同時に普通乗車券を買えば可能)
また自動改札に通せないタイプがほとんどなので、係員のいる改札を通る必要があります。
変更が一切できないので、柔軟性に欠けるという欠点もあります。

新幹線「こだま」専用で東京~京都4時間近くかかり、しかも制限ありまくりなのに売れているのはひとえに安いからでしょう。
東京~京都のグリーン車は正規のきっぷでは17860円ですから、実に6560円引きという格安ぶりです。

ツアーなので、座席についてはあらかじめツアー枠と確保されており、そのエリア内で座席が指定されます。このため、特にグリーン車では通常の座席はガラガラなのに、ぷらっとこだまのツアー枠のエリアは満席とかいう極端な光景を見ることができます。

さて、このぷらっとこだまはツアーですからみどりの窓口で買えないかわりに、電話予約やインターネット予約が可能です。インターネット予約は原則として一週間前まで。
一方電話予約は前日までで、郵送か乗車前日までにこだま乗車票をひきとりにいくことが必須です。

私は前日に電話予約しました。
さすがに前日だと普通車は満席でグリーン車しかないということで、グリーン車を即決。
決済はツアーズでしてくださいとのことで、電話かけてから予約までわずか30秒。ツアー予約というよりかぎりなくきっぷの購入です。(まあツアーバスも同じですが。)
電話のあと、東京駅のJR東海ツアーズに出向き、購入。
専用の窓口があり、発券は非常にスムーズでした。

20110811_3

とはいえ、4時間は微妙に長いので、駅弁を購入。
駅弁屋を物色すると、復刻版のチキン弁当があったので購入。チキン弁当というと東京駅の駅弁の定番です。
お値段は通常版と同じですが、現行タイプが横長なのに対し、こちらは2段重ねタイプ。
味は通常版とあまり変わらないような気がしました。

なお、東京駅の「チキン弁当」にはNRE版とJRCP版の2種類があり、微妙に中身が違います。
興味があれば食べ比べしてみるのも楽しいかも。
当然ながらNRE版は東京駅のJR東日本エリア内(在来線・東北/上越/長野新幹線)でしか販売せず、JRCP版はJR東海エリア(東海道新幹線)内でしか販売しません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

特急「のぞみ408号」乗車票(ぷらっとフリープラン)

20110315
すみません、一度お休みさせていただきました。
それどころじゃなかったのはなんとなくおわかりでしょうが。。。
まあ、自宅はたいしたことなかったのですが、近所が倒壊の恐れありということで立ち入り禁止箇所になっていまいた。

名古屋からの帰りはN700系ののぞみ408号です。
全席禁煙の文字も見慣れてきました。

さて、今回は16号車です。
あまり知られていませんが、「のぞみ」のN700系については、1号車と16号車のシートピッチが他の号車に比べると狭いという特徴があります。
20110315_2 20110315_3

左が2~16号車で、右が1、16号車です。
座ってみると意外と気づきませんが、こうやって比べてみると違いがわかります。
2~15号車のシートピッチは、1040mm 1,16号車は1023mmとなっており、17mmほど狭くなっています。
これは、東海道新幹線の300系新幹線、700系新幹線と定員をそろえるためだそうです。

こうやってみると1,16号車はハズレ席のようにも見えますが、シートピッチが広いと前のテーブルが離れてしまうため、パソコンなどをテーブルの上に載せて作業する場合、かえって狭いほうが作業しやすいという利点もあります。
まあ、座ってみるとたぶんわかりませんでしょうけど・・・・

なお、九州新幹線「さくら」「みずほ」用のN700系は1号車、8号車は他の号車と同じシートピッチは1040mmとなっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

特急「のぞみ303号」乗車票(ぷらっとフリープラン)

20110311
東海道新幹線を使うツアーとなると、JR東海ツアーズほぼ一択となるぐらい、東海道新幹線=ツアーズのイメージが強いですが、これもやっぱりJR東海ツアーズの「ぷらっとフリープラン」です。

一人から利用でき、東京~名古屋間の往復新幹線とホテル一泊で23800円でした。
飛行機などとの競争が激しい東京~大阪の「ぷらっとフリープラン」だと22000円ぐらいの激安プランもあるのですが、新幹線が独壇場となっている東京~名古屋の場合は、あまり激安コースはないようです。
とはいっても普通にきっぷを買うと21,560円+宿泊代なので、このツアー自体も悪くはないのですが。。。。

行きはのぞみ303号を選択しました。
最近ののぞみはN700系ばかりですが、久々の700系です。まあN700系に空席がなかったからなのですが・・・。
こういうツアーの場合、ツアー枠ということで、他の席に空席があっても、このツアーでは満席ということは多々あります。
またツアー枠の席は決まっているので、他の場所はガラガラでも、ツアー枠の部分の一区画だけは人がいっぱいという面白い現象も見られます。

朝6時台の新幹線に乗るためには自宅を5時に出る必要があるため、正直寝不足になりがちです。
今回も名古屋手前までぐっすりと眠りこけていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

1day京都グリーン(2)新幹線「のぞみ258号」乗車票

20101205
京都からの帰りは「のぞみ258号」を選択しました。

この列車は700系で運転されています。
N700系の登場で脇役になってしまった700系ですが、グリーン車はビジネスライクでシンプルなものの、なんとなく高級感を感じます。
なお、座ってみて気づいたのですが、リクライニング角度は、N700系よりも700系の深く倒れるようです。
ただ、腰部分が落ち着かないので、やはりすわり心地はN700系のほうが上です。

なお、東海道・山陽新幹線グリーン車の特徴として、音楽・ラジオサービスがありますが、グリーン車では腰掛のジャックにヘッドホンを指すと聞くことができます。
飛行機なんかではおなじみの設備なものの、鉄道では最近はこのサービス自体減少傾向にありますが、最新のN700系にも存置しており、グリーン車の背面ポケットに入っている車内誌「ひととき」にプログラムが掲載されています。

N700系は現在も続々と増備中で、こののぞみ258系も来年1月からはN700系に置き換え予定です。
1000円のぷらっとクーポンはこののぞみ258号の車中の麦酒とつまみ、あまった分は八ツ橋代にまわしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

1day京都グリーン(1)新幹線「のぞみ1号」乗車票

20101201
京都1dayスペシャルは、東京~京都の新幹線「のぞみ」往復に1000円のお土産券つきで、18,800円というまさに「スペシャル」な価格でした。
通常は19,800~20,800円で販売されています。まあこれでも東京~京都の普通車指定席通常料金14,130円に比べると格安です。

そんなJR東海ツアーズの1day日帰りプランですが、今回はグリーン車プランです。
往復のぞみ号のグリーン車利用ができ、1000円分のお土産券もついてきます。
お値段は23,300円。ちょうど同時期に発売されていた普通車用(20,300円)に3,000円プラスした価格になっています。
グリーン料金は片道5,150円ですから、さすがに安いです。
格安のEX早特グリーンでも13,470円ですから、このプランの安さがわかるかと思います。

行きはN700系使用の「のぞみ1号」を選択しました。
N700系グリーン車のクオリティはやはり高く、最初はPCで作業しようと思っていたのですが、リクライニングを倒すとそのままうっかり寝入ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

特急「たにがわ82号」乗車票

20101119
ガーラ湯沢からの帰りはたにがわ82号です。
たにがわ82号はこの日帰りスキーツアー設定日は、専用臨時として全車指定席で運転されました。2010~2011年度シーズンも同様の全車指定席による設定日があり、おそらくこの日帰りツアー向けの設定になると思います。車両は200系です。
たにがわ号は各駅停車の列車が多いですが、このたにがわ82号は越後湯沢、高崎、大宮、上野という主要駅のみ停車タイプです。

20101119_2 さて、ガーラ湯沢駅ですが、駅全体がひとつのスキーの基地となっています。
改札を出て広がるのがスキーリフト券うりば。さらに奥に進むとレンタルスキーの貸し出し所があって、更衣室でロッカーを借りてに荷物をしまいそのままゴンドラに乗ってスキーにGO!という仕組みです。
改札からスキー場まで徒歩0分はまさに看板に偽りなし。というかスキー以外やることもないのですが・・・
一応温泉スパがあり、暖まることができます。(まあ私は越後湯沢の酒風呂に行ってしまいますが・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

特急「MAXたにがわ75号」乗車票

20101115
JR東日本では、越後湯沢の車庫に隣接してスキー場を作り、そこにガーラスキー場駅を設置しました。
そして東京から直接新幹線で乗り入れるようにしました。

ですので、びゅうでは当然のことながらガーラ湯沢関連の商品が多数そろえられており、今回利用したのもそのツアーのうちのひとつです。
12月に設定される初すべりプランのうちのひとつで、限定臨時列車でガーラ湯沢を往復するプランです。
特筆すべきはその安さで、往復新幹線の交通費、ガーラ湯沢の1日リフト券つきで7,900円、スキーレンタルは500円なので手ぶらで気軽に行けます。一人利用も可能。
東京~ガーラ湯沢の「スーパーモバトク」で4,640円、普通に買うと片道6,900円ですから、ツアー恐るべし。
なお、このツアーは2010-2011年シーズンにも設定されています。

20101115_2 行きは臨時のMAX75号の2階です。
さすがに利用客は100%スキー客(というかこのツアー客)で、いつも使ってる新幹線と明らかに車内の雰囲気が違います。

写真はガーラ湯沢駅です。
実は前々日まで雪が全くなくて本当にスキーができるか心配していたのですが、前日に大寒波襲来で大雪に。
積雪も1mを超え、絶好のスキーコンデションとなりました。(ただ思いっきり新雪ですが。)
もっとも町では突然のドカ雪に除雪におおわらわになっていましたし、上越線は運行不能になっていました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)