« 美作国建国1300年きっぷ | トップページ | 四国鉄道文化館入館券 »

2014年3月31日 (月)

千葉都市モノレール「ホリデーフリーきっぷ」(2)

20140331
千葉市モノレールの1日乗車券です。2度目になります。
たまたま千葉で時間ができたので、以前の「ちばモノレールまつり」に紹介されていた「アーバンフライヤー」の試乗を兼ねて、購入しました。

タイプ:フリータイプ
価格:600円(子ども300円)
発売期間:土休日
利用可能期間:土休日(利用日当日のみ発売)
有効期間:1日間
フリー区間:千葉都市モノレール全線
発売箇所:モノレール各駅の自動券売機、定期券売り場など
備考:沿線施設の割引券つき。なお、平日のデータイムのみ使用可能なものも発売(お昼のお出かけフリーきっぷ:600円)

きっぷを手にした瞬間にぎょっとしました。
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない(俺妹)」というアニメのコラボをやっているそうで、そのタイアップきっぷです。一応昨年4月からの枚数限定発売だそうですが、2月には売り切ったそうです。アニメの舞台が千葉都市モノレール沿線なのでしょうか。

で、まずはお目当てのアーバンフライヤーから。
正式には0型「URBAN FLYER 0-type」というどこかのガンダムの型番とでも思えそうな名称です。
「ちばモノレールまつり」で展示されていたイラストでは結構カッコよかったのですが、実際見ても結構かっこいい。
20140331_2

内装もロングシートの背を高めにとった仕様。ただし、その犠牲として、ロングシート向かいからの眺めはかなり悪くなってしまいました。これは難しいところですね。
そして、特筆すべきはやっぱり足元までガラスが拡大したドアでしょう。
ぶら下がり式のモノレールですので、ドアの足元から街を見下ろすことができ、「FLYER」の名に恥じない光景が広がります。
20140331_3

一方、「俺妹」とのコラボ企画として、在来車の1編成に「俺妹」のラッピングが施されて運用されていました。
ヘッドマークがつき、側面に「俺妹」のラッピングが。初めて見ると結構強烈だと思うのでしょうが、今までいろいろなラッピング車両をみてきたので、「まあ普通かな」と思ってしまう自分が怖い。
20140331_4

側面は結構派手目です。
なお、この列車は車内放送も「俺妹」のキャラで案内していました。色眼鏡でみられがちですが、意外と沿線案内とかもやってるので、無味乾燥な自動放送よりも観光客とかには案外受けるのかもしれませんね。
20140331_5

なお、このラッピングは2014/03/31(本日)限りとなっています。

|

« 美作国建国1300年きっぷ | トップページ | 四国鉄道文化館入館券 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161161/59389950

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉都市モノレール「ホリデーフリーきっぷ」(2):

« 美作国建国1300年きっぷ | トップページ | 四国鉄道文化館入館券 »