« JR四国エコポイント交換パス | トップページ | ちはやふる特製乗車券(京阪電鉄)・他 »

2013年12月31日 (火)

絶景領域・萌えっ子フリーきっぷ3ndバージョン(増毛智恵理)

20131231_3 20131231_2

久しぶりの「萌えっ子フリーきっぷ」です。
いつ以来かというと2011年8月の南沢くるみ以来です。
前回、「3rdシーズンを使うとすると、天売島、焼尻島にいかないと完全にネタ切れしそうだ」と言ってましたが、本当にネタ切れで、3rdシーズンはこの1度しか使ってません。
(買ったまま使わないというのは入場券など一部を除き自分のポリシーに反するのでしません。)
というか、そこまで一定地域にお金をかけれないというのもあるのですが。。。

タイプ:フリータイプ
価格:2,300円(子どもなし)
発売期間:2011/05/01から2012/04/30まで(終了)
利用可能期間:2011/05/01から2012/05/01まで(終了)
有効期間:1日間
フリー区間:豊富~幌延~羽幌~留萌~増毛~雄冬を中心とした沿岸バス路線
発売箇所:沿岸バス窓口・他(郵送あり)
備考:特急バスは利用不可。現在は5rdシーズンが発売中。2014/04/30まで。

今回は単純に留萌→豊富の移動に使っただけなので、ネタはありません。
次回使うとしたらやっぱり天売島、焼尻島訪問時だろうなあ。
さて、3rdシーズンからきっぷの名称が「絶景領域・萌えっ子フリーきっぷ」になっています。で、このきっぷの発売に先立ち、4/1のエイプリルフール時に「絶対領域フリーきっぷ」を出すとか言い出してたなあ、と書きながら思い出してました。
(まあここ見てる人はみんな知ってると思いますが、沿岸バスHPのエイプリルフールは毎回笑わせてくれます。)

さてこのきっぷ、最初のころは「こんなきっぷ買えるか!」だの、「こんなの恥ずかしくて運転手に出せない」だのいろいろ言ってましたが、なにやら日本全国のこの手のきっぷが発売されるようになり、気がついたら慣れていました。

慣れというと、3rdシーズンも前回に引き続きコミックとらのあなで購入しましたが、こちらは2度目であっても慣れません。
前回はカウンターで販売していましたが、今回はカウンターではなく、他の同人誌と同じところに積まれてました。(おかげでどこにあるかわからず店内をウロウロする羽目に)

で、とらのあなで買うと、萌えっ子フリーきっぷのイラストレーター書き下ろしのペーパーがついてました・・・ていうかペーパーの中にきっぷが入っていたというか(笑)

20131231_2_2

-------------------------
※ 2013年の最後に

今年もありがとうございました。環境の激変や体調不良もあり、またもや長期離脱が発生しましたが、逆にネタがここ数年分積み上がった状態になってます。
来年はきちんと更新2日ペースを守りたいと思います。


さて、このブログですが、初期のころはきっぷのルールや制度の話がメインでしたが、ここ数年は旅行記に近いテイストに意図的にしています。
特にここ半年は画像を多用しているのがおわかりかと思います。(もっとも、一定期間のデジカメ画像をなくしているので、そのときのきっぷはどうしよう・・・と思ってますが)
最初から最後まで同じ形態で進めるのが理想ですが、その時々で考えが変わるため、どうしても形態が変わってしまいます。
もしまた変わってたら「ああ、またコイツきまぐれおこしてるな」とでも思っておいてください。

それではよいお年を

|

« JR四国エコポイント交換パス | トップページ | ちはやふる特製乗車券(京阪電鉄)・他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161161/58841106

この記事へのトラックバック一覧です: 絶景領域・萌えっ子フリーきっぷ3ndバージョン(増毛智恵理):

« JR四国エコポイント交換パス | トップページ | ちはやふる特製乗車券(京阪電鉄)・他 »