« 羽田空港乗継乗車票 | トップページ | 特急「むろと4号、うずしお18号」特急券 »

2013年11月29日 (金)

三陸鉄道お座敷列車「こたつ列車」指定席券(さんりくしおかぜ)

20131129
三陸鉄道のお座敷列車、「さんりくしおかぜ」を使ったコタツ列車の指定席券です。

前日の15時ごろ、何を思い立ったかいきなり三陸鉄道へTEL。

「すみません、明日の久慈から田野畑へのコタツ列車空席ありますか?」
「ええっと・・・・、あ、はいありますよ。」
「では大人1名で・・・っと、締め切りすぎたけどお弁当まだ大丈夫ですか」
「えっと・・・、ちょっと聞いてみます。」(しばらく間があって)「あ、まだいけそうです。」
「でしたら、いくらホタテ弁当ひとつ」
「ありがとうございました。」

こうして突然三陸行きが決まりました。

スリーデーパス片手に八戸線経由で久慈駅到着。
三陸鉄道の久慈駅は、JR駅とは独立しています。JRも三鉄も閑散とした駅ですが、両方ともうどんスタンド営業中。ここで指定席券の交付と、弁当を受け取ります。
20131129_2

こちらがお座敷列車の「さんりくしおさい」。
夏は「お座敷列車北三陸号」冬は「こたつ列車」として久慈~宮古間で運転していました。
しかし震災で大ダメージを受け、運休を余儀なくされましたが、2012年に陸中野田~田野畑間開通によって、区間は久慈~田野畑ですがこたつ列車が復活しました。
20131129_3

2両編成でこたつ列車「さんりくしおかぜ」が指定席。後ろの自由席には「キット、ずっと号」塗装の車両がつながっていました。桜の花びらが全面にラッピングされた車両はネスレ日本(キットカットの会社ですね。)の「キット、ずっとプロジェクト 」のタイアップ車両です。
20131129_4

車内はコタツが並びます。テーブルの上にはお約束のみかん(笑) 団体利用もあるのでカラオケ装置などもあります。大漁旗はさすが三陸。なお奇数席が海側です。
ちなみに写真にうつっているおじさんおばさんはあとで紹介する「なもみ」の中の人(中の人なんでいません)
20131129_5

コタツに入って弁当広げます。「ほたて・いくら弁当」です。
20131129_6
さて、食べようとすると、車内にテレビカメラとリポーターが登場。通路を挟んで向かいの席(コタツ)に入りました。
どうもこの「こたつ列車」をニュース番組で取り上げて生レポートしているようです。
旅行中の車内でTV番組とバッティングすることはたまにありますが、はたから見てると結構面白いです。
コタツに入ってレポート。お弁当食べてレポート。そして窓を開けて見送りのカメラに手を振ってレポート。なかなか忙しいです。
いすみ鉄道のときは氷川きよしからメンチカツもらってのほほんと大原から大多喜まで移動してましたが、こっちは久慈を出発すると次の取材の打ち合わせがこたつの上で始まってます。ほんと、余裕なさそうですね、TV局は。
でも、弁当は収録ないときもおいしいといって全部平らげてましたから、やっぱり弁当のレベルは高いのでしょう。

さて、車窓ですが、震災から1年半が経過したとはいえ、相変わらず凄まじい状況です。
ガレキの山だったり
20131129_7
流されたままだったりしてます。20131129_8
もっとも車内の案内放送でも震災の話はするものの、あまり暗くならずに前を向いて歩こう的な姿勢が感じられました。

やがて長大トンネルに入ると同時に車内が真っ暗になります。
そして登場したのが「なもみ」
20131129_9
写真がへたくそなうえに暗くてよくわかりませんが、いわゆる岩手版「なまはげ」です。
トンネルで照明を落としていて、暗いのと鬼の怖い顔なので子どもたちは泣き出しました。
これには「なもみ」も困った困った(笑)

車内に灯りが戻るとまもなく田野畑です。
20131129_10
田野畑駅も、駅舎に「キット、ずっとカンパネルラ田野畑駅」として、駅舎に桜の絵が描かれていました。

田野畑から小本までは津波被害で運休のため代行バスが出ています。これに乗り継ぐ人はそれほど多くなく、こたつ列車で戻る人が多いようでした。
なお、この「こたつ列車」から接続を受ける代行バスの終点小本で、龍泉洞行きのバスが接続します。
龍泉洞観光後は、盛岡行きのバスで盛岡に直接抜けることもできますし、岩泉駅に向かって岩泉線代行バス経由で盛岡や宮古に抜けることができます。
鉄道観光には非常に便利なルートですので、プランニングの参考にでも。

さて、私は前日にいきなり電話して三陸行きをきめましたが、現在はおそらくそんなことできないでしょう。
理由はいうまでもなくNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」の影響。
お座敷列車は連日満員御礼。今年の12月からこたつ列車も再開しますが、こっちも予約は好調のようなので、利用ならば早めの予約をオススメします。
というか、久慈自体が「あまちゃん」効果で観光客が激増しているとか。

|

« 羽田空港乗継乗車票 | トップページ | 特急「むろと4号、うずしお18号」特急券 »

コメント

相変わらずあまちゃん人気は続いているみたいですね。
これが持続的な観光客集客につながってくれればいいのですが。

投稿: ぱーぱー | 2013年12月 3日 (火) 22時46分

あ、名前忘れ…orz

投稿: eito | 2013年11月29日 (金) 23時04分

NHK連ドラの「経済効果」とやらも半年経てば落ち着くのが通例なんですが、今回に関しては

・ドラマ自体がヒット
・紅白歌合戦で人気再燃?
・来年4月に(北)三鉄全線復旧で更に話題に?

と条件が揃っておりますので、当面はフィーバーしそうですねw

あと田野畑で言えば「サッパ船」はお勧めです、船に弱い方以外は条件があえば是非とも

投稿: | 2013年11月29日 (金) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161161/58662471

この記事へのトラックバック一覧です: 三陸鉄道お座敷列車「こたつ列車」指定席券(さんりくしおかぜ):

« 羽田空港乗継乗車票 | トップページ | 特急「むろと4号、うずしお18号」特急券 »