« ANA「関西→羽田」搭乗券 | トップページ | 仙台スタンプラリーパス »

2012年2月23日 (木)

東北応援パス

20111231

東北応援パスです。
東北新幹線新青森開業一周年&東北への流動活性化のために、発売されました。
12月の土休日を中心とした2日間有効で、特急料金は別払いです。

価格:9,500円(子ども4,000円)
発売期間:2011/11/03から2011/12/24まで(終了)
利用可能期間:2011/12/03から2011/12/25までの土休日(終了)
 (利用日初日の一ヶ月前から当日まで発売)
有効期間:2日間
フリー区間:JR東日本、伊豆急行線、ほくほく線、青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線全線
発売箇所:JR東日本管内のみどりの窓口、主な旅行会社
備考:乗車券タイプ。特急料金は別払い。

東北南部から関東のJR線、3セクが2日間乗り放題の「ウィークエンドパス」が8,700円、期間は異なるものの、東北応援パスのエリア+函館地区が3日間乗り放題の「スリーデーパス」が13,000円、との比較になるでしょう。
なかなか微妙な価格設定ですね。
ちなみに東京~新青森を新幹線でいくと、運賃は往復17,760円なので、8,000円ほど安くなります。

基本的に関東⇔北東北に一泊2日の旅行に出かける場合が一番有効でしょうか。
私は「東北応援パス」の特性を生かすために、1日目は高崎近辺、1日目の晩に「あけぼの」で北東北入り、2日目の晩に「あけぼの」で帰京、というあけぼの2連泊プランでいくことにしました。
2日間有効ですが、2日目の晩に夜行に乗ると、次の日も改札出るまでOKというこのきっぷの継続乗車のルールを利用し、て最大限活用しています。

ただ「あけぼの」は冬場は運休が多いので、結構危なっかしいプランだったりします。
一応代替案も考えてはいましたが、結局この2日間は往復無事に運転されました。

|

« ANA「関西→羽田」搭乗券 | トップページ | 仙台スタンプラリーパス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161161/53614063

この記事へのトラックバック一覧です: 東北応援パス:

« ANA「関西→羽田」搭乗券 | トップページ | 仙台スタンプラリーパス »