« ふるさと行きの乗車券 | トップページ | 特急「北越10号」e割特急券・グリーン券 »

2010年1月 3日 (日)

庄内散策パス(2009年度版)

20100103

庄内散策パスです。
以前「ゆったり庄内散策パス」を紹介したことがありましたが、昨年に引き続いての発売です。
フリー区間や効力は前回と同じ、きっぷから「ゆったり」の文字が消え、その代わり(んなわけないか)200円値引きになっています。
庄内交通は2009年7月に運賃値上げを行っているため、このきっぷの値下げとあいまって、さらに魅力的なきっぷになりました。
ただ、バスの本数が少ないのは相変わらずなので、あらかじめ調べないといけません。

20100103_2

で、早速まずは羽黒山に。
昨年はうっすら雪化粧でしたが、今年はドカ雪状態。
そもそも鶴岡市街地も雪で埋もれている状態で、あちこちに雪山ができていました。
つい一週間前のドカ雪で積雪90センチを記録したとかで全国的に鶴岡の名前が知れ渡りましたが、その痕跡は今も残っています。

酒田はさほど雪は見られず、あつみ温泉にいたってはほぼ積雪ゼロという状態だったので、なおさら鶴岡の突出ぶりが目立ちます。

湯野浜温泉も再度訪問。
ここの名物「上湯」は老朽化でついに閉鎖。建て替えということで、ここも他と同じのこぎれいな外湯になってしまうのでしょうか。
で、今回は下湯のほうを訪問。こちらは入浴料210円ですが、通常の銭湯と同じ感覚です。
ここで、手持ちのシャンプーが切れていることが発覚。あわてて番頭のおばあさんに聞いてみると、ここでは貸しタオルとか石鹸とかの販売、レンタルは一切行っていないとのこと。
その代わり・・・・ではないですが、お客さんの置き忘れらしいシャンプーをいただけることになりました。
上湯ほどではありませんが、こちらもかなり熱い湯です。海岸沿いの温泉なので、塩味が強く、あまり飲用には適していませんが、体の芯からあったまる感じです。

宿泊は前回同様、あつみ温泉にしました。
昭和の香り漂う古風な温泉街は今も健在。ただ、日本海東北自動車道のあつみICの工事が行われており、これが開通すると、また雰囲気が変わるかもしれません。
もっとも宿の方いわく、「新潟方面の高速が工事のメドが立っていない。今の公共事業縮減の方向で、もしかしたら当面はできないかもしれない。。。」とつぶやいていました。
村上(朝日)~あつみ温泉以外の羽越地区の日本海東北自動車道は来年全通予定ですが、ここだけ外れた状態になっています。
もし開通したら日本海縦貫線が高速道路でつながることになり、交通・流通体系の激変が起こるかもしれません。(まちがいなく特急「いなほ」は没落するだろうけど。)

100人以上が泊まれる宿でしたが、宿泊客は私一人。土日なのに私一人というのはどうかと思うのですが、貸切貸切入り放題で、思う存分楽しみました。

|

« ふるさと行きの乗車券 | トップページ | 特急「北越10号」e割特急券・グリーン券 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161161/47150375

この記事へのトラックバック一覧です: 庄内散策パス(2009年度版):

« ふるさと行きの乗車券 | トップページ | 特急「北越10号」e割特急券・グリーン券 »