« 山手線パス | トップページ | 「はやて号」新幹線特定特急券(立席)・乗車券 »

2009年12月15日 (火)

道南自動車フェリー「ナッチャンWorld」乗船券

20091215_2
東日本フェリーを引き継いだ道南自動車フェリーが夏季に運航していた、「ナッチャンWorld」の乗船券です。

青函の高速船は「ゆにこん」にはじまり、2代目「ゆにこん」、そして「ナッチャンレラ」「ナッチャンWorld」と続きますが、いずれも失敗に終わっています。
初代「ゆにこん」は青函を1時間40分で結ぶ超高速ジェットフォイルだったものの、価格が問題なのと、クルマが載せられないという致命的な課題を抱えていたため採算がとれず、廃止されました。
2代目「ゆにこん」は高速フェリーとしてクルマが乗せられるようになりました。2時間とスピードダウンしたものの、クルマが乗せられるのが大きく、今度は・・・と思ったのですが、
燃費の悪さと、トラックが乗せられない問題、そして冬場がマトモに運航できないのが致命傷となり、3年で廃止されました。

そして、上記の欠点をすべて克服した3代目の船として「ナッチャンレラ」を投入しました。
今度こそ・・・と思いましたが、燃料費高騰が直撃、さらに運賃の高さが乗船率の低迷を招き、昨年に休止されました。
今年、夏季に限り復活運航しています。
20091215_2_2
ナッチャンWorldはかなり大きな船で、3クラス制です。
名称が「ファーストクラス」「ビジネスクラス」「エコノミークラス」という飛行機ちっくな名称がついています。

ファーストクラスは2人、もしくは4人でセミコンパートタイプの区域で、ドリンクサービスなどがあります。

エコノミークラスとビジネスクラスは、リクライニングシートが並んでおり、エコノミークラスとビジネスクラスの違いは・・・・あまりないような。
あえていうとビジネスクラスは座席が後ろ向きになっており、名前のとおり、ビジネススペ-ス(机、コンセントなど)や専用ソファが設置されているぐらいでしょうか。
ウオータージェット船ですが、騒音がやや大きいかな、と思うぐらいで、乗船感覚は高速船ではなく、限りなくフェリーです。ただし、高速走行中のスピード感は相当のものでした。

昨年投入されたばかりなのでまだピカピカですが、なんかもったいないと思います。
20091215_3

20091215_4

|

« 山手線パス | トップページ | 「はやて号」新幹線特定特急券(立席)・乗車券 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161161/47017061

この記事へのトラックバック一覧です: 道南自動車フェリー「ナッチャンWorld」乗船券:

« 山手線パス | トップページ | 「はやて号」新幹線特定特急券(立席)・乗車券 »