« 寝台特急「北斗星1号」立席特急券 | トップページ | 寝台特急「あかつき」シングルツイン寝台券・特急券 »

2008年3月 2日 (日)

寝台特急「あかつき」ソロ寝台券・特急券

20080302

アメリカへ海外逃亡旅行したいたため、更新間隔が開いてしまいました。
アセラ・エクスプレスなど海外ネタも仕入れてはいますが、そのうちに。

さて、今回はあかつきの「ソロ」になります。
このあかつきの「ソロ」は1990年台の寝台特急のリニューアル時期に、あかつき・長崎編成の一人用個室寝台車として登場。
その後「出雲2,3号」のサンライズ化に伴うA寝台、B個室(シングルツイン・ツイン)のあかつき転用により、あかつき・佐世保編成に転用され、佐世保あかつきが廃止されると今度は「彗星」に転用、「彗星」が廃止されると長崎あかつきに舞い戻るという、かなり動きの激しい車両です。
そして今回の「なは・あかつき」廃止に伴い、ついに命運尽きた感じです。

20080302_2

あかつきの「ソロ」は「なは」のソロとは異なり、昼間の使用にも考慮した構造です。
なはの「ソロ」は全面ベッド構造で、寝るのは楽ですが、あかつきの「ソロ」は跳ね上げて一部部分を座席として使うことができます。また、跳ね上げることで、立って着替えをすることが可能です。(なはの「ソロ」は室内で立ち上がることはできません。)

その分、ベッドとしてのクリアランスはなはの「ソロ」には劣ります。またなはの「ソロ」はコンセントがありますが、あかつきの「ソロ」にはコンセントがありません。

「彗星」時代「あかつき」時代を通してよく使う機会の多かった「ソロ」ですが、寝台特急の廃止により、九州方面への旅のスタイルも若干変わりそうです。
博多だったら新幹線、南九州だと航空機がメインとなるでしょうか。

|

« 寝台特急「北斗星1号」立席特急券 | トップページ | 寝台特急「あかつき」シングルツイン寝台券・特急券 »

コメント

時間帯的に仕事のあとに九州に出発でき、帰りは朝京都についてから仕事にいけるので重宝はしていました。
もっとも宮崎とかは到着時間が遅すぎるので、飛行機か、のぞみ+ドリームにちりんでしたが・・・
個室の利点はなんといっても荷物を気にしなくてもいいってことにつきますね。

投稿: ぱーぱー | 2008年3月16日 (日) 23時11分

あかつきは佐賀を午後9時過ぎに出るので,仕事後に十分間に合うのが魅力でした。今後はバタバタしながら旅に出そうです。
巨体(186cm)の私でも足がつかえる事なく寝れたのは良かったです。
私の場合は着替えは自宅で済ませていましたのでやってません。入口から一段高い位置にベッドがあるので,車掌さんと話す時は上から失礼!でした。

投稿: かちがらす | 2008年3月 6日 (木) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161161/40336689

この記事へのトラックバック一覧です: 寝台特急「あかつき」ソロ寝台券・特急券:

« 寝台特急「北斗星1号」立席特急券 | トップページ | 寝台特急「あかつき」シングルツイン寝台券・特急券 »