« 快速「やまぐち号」指定席券 | トップページ | 特急「スーパーまつかぜ6号」特急券 »

2006年3月30日 (木)

特急「スーパーおき4号」特急券

20060330

津和野だ軽く散策後、本日の宿泊地・温泉津へ。
というか温泉津は毎年訪問しています。おそらく今後もちょくちょくこのブログに登場するかと。

スーパーおき4号の特急券です。距離的には自由席でもいいのですが、自由席1両しかないので、途中駅の津和野からでは座れないでは?との疑惑があり、指定席にしました。
結果は正解で、益田まで自由席はいっぱいでした。
車両はJR最短となるキハ187系特急型気動車の2両編成。振り子式のステンレスディーゼルカーで、見た目はかなり軽快な印象です。

益田までは山の中、益田を過ぎると一気に海沿い区間になります。
岡見~鎌手間の風光明媚な箇所は一部トンネルになってしまいましたが、それでもこの付近は山陰本線でも景色のいい区間です。
浜田、江津を過ぎると温泉津まではもうすぐ。
温泉津からは温泉街までバスが運転されており、宿屋まで直行してくれました。

20060330_2 温泉津は好きな街です。
まさに湯治場然した雰囲気がいいです。
夜になると、なんだか50年ほど前にタイムスリップしたようなレトロな感じがまたいいです。

湯量が少ないゆえに巨大旅館が建てられず、そのために昔ながらの街並みが残っているようです。

|

« 快速「やまぐち号」指定席券 | トップページ | 特急「スーパーまつかぜ6号」特急券 »

コメント

ますやは温泉津でも知名度が高いほうの旅館ですね。
格安のステイプランもあるので、安く泊まりたい人にもおすすめです。

サンドミュージアムは一度みたいとは思っていったのですが、
帰ってから温泉津のバスのおっちゃんにサンドミュージアムのこと話たら、あそこハコばっかり立派で高い割にはあまり見所ないだろ、と言われてしまいました。
たしかに入館料が高いなあとは思いましたが(笑)

投稿: ぱーぱー | 2006年7月18日 (火) 00時44分

 今別なことを調べていて思い出しましたが、泊まった旅館は「ますや」でした。ここの女将さんは、関西のお化け番組、探偵ナイトスクープで取り上げられた事があります。
 石見銀山(ぶらはうす=群言堂が有名になる前)仁摩にあるサンドミュージアムの砂時計(鶴瓶さんがNHKで最近取り上げていました)へ行きました。また何かの用事で浜田駅裏へ行き、作っているのを見て特別に分けてもらった「厚い身のふぐのみりん干し」がおみやげに好評だった記憶があります。

投稿: 倉田山人 | 2006年7月16日 (日) 10時52分

 私は隣町(?)江津に親戚があり、ここへも泊まりに行きました。○○娘がコンサートをする前の寂れた状態の時で、夜の町を歩くと猫でなく狸が走りまわっていたことが印象に残っています。

投稿: 倉田山人 | 2006年7月 8日 (土) 15時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161161/9199545

この記事へのトラックバック一覧です: 特急「スーパーおき4号」特急券:

« 快速「やまぐち号」指定席券 | トップページ | 特急「スーパーまつかぜ6号」特急券 »