2016年7月14日 (木)

易遊網「花蓮→台北」環島之星乗車券

20160714_1
前回の続きです。花蓮→台北の第1次観光車の乗車券です。
今回のツアーは、台北発時計回りの台北行き観光第2次列車で花蓮に向かい、花蓮で観光、帰りは、台北発反時計回りの台北行き観光第1次列車で台北に戻る行程です。

さて、花蓮駅から観光バスに乗り換え、まずは七星潭風景区に向かいます。
花蓮駅から東北の方向に向かったところなる風光明媚な海岸で、ゆるく弧を描いているのが特徴です。
20160714_2

もやがかかっていましたが、遠くには清水断崖がうっすらと見えていました。

このあとは美侖飯店でランチ。2グループに分かれて大きなテーブルにつき、運ばれてきた料理を回転させながら取っていくという典型的な中華料理のスタイルです。
今回のツアーで日本人は私たち2人だけなのですが、私たちが日本人だとわかるといろいろ聞いてきました。何度か来て思ったのですが、台湾の人たちってなんとなくフレンドリーな感じがします。

さて、昼食が終わるといよいよ太魯閣渓谷です。
今まで海沿いを走っていましたが、今度は山に分け入ります。
まずは長春祠でかるくウォーキング。
20160714_4 20160714_3

山の断崖絶壁のふもとのところに小さな祠があります。祠にいくには断崖絶壁を歩いていきます。ところどころ素掘りのトンネルがあって、雰囲気もいいですね。

そしてついたのが長春祠
20160714_5

ここはこの付近の道路工事で殉職した人たちを祀っています。祠のそばに滝があるのが特徴的。

バスに乗り、さらに山の奥深くへ。ここから先はさらに険しくなります。険しいということは、災害も多いということで・・・
20160714_6

このように土石流の跡があちこちに。このため、大雨のときはしょっちゅう寸断されてしまいます。

そして、燕子口に到着。ここからは徒歩になります。安全のため、ヘルメット必須。

20160714_8_2 20160714_7

とにかくスケールがでかい!
比較できるように人をあえて入れてますが、正直写真じゃ感動がいまいちです。これは実際にみるべきでしょうね。
日本だと高千穂峡と耶馬渓を足したような感じに、さらにスケールを数倍大きくしたような感じです。

当然道は壁をくりぬいてつくるのですが、ここに大型バスとか入ってきます。さぞかし運転は大変だ・・・と思ってたら、あちこちごちごちぶつけてました。

20160714_9

1時間半ほど散策した後、ビジターセンターに立ち寄ってこの付近の自然などを見学したのち、花蓮駅に戻りました。

花蓮駅で待ち構えてたのは、台北行き第1次列車。またもや痛食堂車がくっついています。

20160714_10

後ろのオレンジの車両は、台北から時計回りにぐるっと3/4周したキョ光第51次。この駅で切り離します。

痛食堂車以外の車両はこういう感じ。沿線の名所が描かれています。帰りも3列シートで豪華な旅です。
20160714_11

帰りの夕食は池上弁当の排骨弁当。排骨、臭豆腐、煮タマゴ、コーン、青梗菜といったあたり。台湾旅行での難点は生野菜が食べる機会があまりないこと。
このあとフルーツが配られ、食に関してはいたせりつくせり。

20160714_12

途中で日暮れを迎えました。台湾なんだけど、どっちかというと中国本土の水墨画のような印象があります。
20160714_13

そして、19時30分ごろに終点の台北に到着。客を降ろすと、速やかに車庫に引き上げていきました。
20160714_14

今回の旅ですが、たまたまバスの運ちゃんが日本語OKな方だったので、太魯閣観光を堪能できましたが、やはり海外現地ツアーは言葉の壁というものがどうしてもできてしまいます。

ただ言葉は通じなくても周りの人が助けてくれるので、ガイドの言葉はさっぱりわからなくても楽しめるのではないかと思います。それよりも自然への感動は万国共通なんだな、と感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月12日 (火)

易遊網「台北→花蓮」環島之星乗車券

20160711_1
台北→花蓮の第2次観光車の乗車券(なのか?)です。
鉄道会社が発売するきっぷとは別に、易遊網(ez-Travel)が列車を借り上げて、環島之星として、毎日列車を運行しており、これはそのきっぷになります。
主に易遊網が主催するツアーを利用するとこの列車を使うことが多くなります。

今回利用したツアーがこちら。
20160711_13
日本にいるうちにインターネットで予約し、乗車前日に台北駅の易遊網のカウンターでチケットと行程表を受け取りました。外国人が予約するときはパスポート番号が必須なので、予約の前にはパスポートの準備を忘れずに。
今回のツアーは台北から花蓮、タロコ渓谷を1日で回るツアーで、朝8時から夕方19時まで約11時間のコース。お一人様1600元(約6000円)也。ツアー名が「夏の軽い旅行」となぜかここだけ日本語になっているのは謎。

当日台北駅に向かい、案内を見ると車種は「観光」行き先は「台北」。つまり、台北発台北行きの台湾一周列車になります。第1次が台北から反時計回りで台北に向かう列車、そして今回乗車する第2次列車は台北から時計回りで台北に向かう列車です。
20160711_2

車内は、3列のリクライニングシートが並ぶ豪華版。枕カバーが易遊網のものになっていました。
20160711_3

編成は6両編成で、上記のような座席車が4両。そして、下記のようなビュッフェ車が1両ついています。
ビュッフェではソフトドリンクは無料でいつでも飲むことができます。また、時々ワゴンで巡回してドリンクを配っていました。
ちなみに、右側のダンディなお方は、この列車に乗務するパフォーマーの方で、道中車内を巡回しては手品やパフォーマンスをやってました。
20160711_4
ビュッフェ車のうち1/3はカラオケ車になっており、カラオケをすることができます。日本の曲も多少あるみたいでした。
20160711_5

残りの1両は食堂車です。4人掛けボックスとカウンター席の合造になっています。ただ営業時間帯ではなかったようで、覗いたときは車掌が居眠りしていました(笑)
20160711_6

さて、台北~花蓮ですが、途中の蘇澳新を抜けると海岸線を走行します。景色としては、九州の海岸線に似ており、流石に日本に近いだけあります。この区間は道路が発達しておらず、事実上の台鉄の独占区間となっており、年中混んでます。まあ途中区間が無人地帯ですからね。

20160711_8

道中では朝食が配られました。サンドイッチを中心にしたランチボックスですが、揚げ物が入ってるのはさすがに中華な国であります。20160711_7

6両編成の列車は無事、花蓮に到着しました。ここから車両の増結・解結を行います。その間に写真でも。

20160711_9

先頭は電気機関車です。非電化の花蓮以南を走行するため、ここで電気機関車を切り離してディーゼル機関車に切り替えます。(現在は花蓮以南、台東・知本まで電化済み)
さらにここから一般の客車を3両連結。こちらは観光車ではなく、通常の「キョ光号」として運転されます。つまり団体専用列車に一緒にくっつく形で、キョ光第52次として、台湾を3/4周して台北まで向かいます。

20160711_10

食堂車の外観は日本でも話題になった「痛食堂車」。これが台湾一周してるんですね。。。
20160711_11
逆エンドからみたところ。
どうも台湾はこういうのに寛容なところがあるようです。

こちらは、ビュッフェ&カラオケ車。こちらは環島之星オリジナルの塗装になっています。20160711_12

さて、花蓮からは観光バスに乗って観光地めぐりです。環島之星は基本的に台湾の客が中心なので、当然ガイドは中国語ですが、バスの運転士が日本語を少し話せるため、下車観光地では、バスの運転士が私たち日本人相手の専属ガイドということに。

続きは次回。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 9日 (土)

台鉄「日南→松山」普通列車(現・普快車)乗車券

20160709_1_220160709_2_2

台鉄の日南駅から松山駅までの硬券の普通列車乗車券です。
日南駅は台鉄でも数少ない硬券販売駅で、日本からも多数の硬券マニア?が押し寄せてます。
価格からすると昭和50年代ぐらいの骨董品ですが、これが普通に使える乗車券として販売しているのはある意味驚きです。値段は上がってますが、券面の価格改定を行っていないので、きっぷからはいくらなのかわかりません。(というかいくらか忘れた。)
ただし、普通列車(現在の普快車)は日南駅にはやってこないため、利用の際には乗車した列車との差額を支払う必要がありますが・・・・。やってこない列車の、しかも実使用可能な硬券を売るというのも謎なところです。

さて、日南駅ですが、木造の非常におもむきのある駅舎です。
20160709_3
日本統治時代に建築された日本様式の駅舎で、九州の木造駅舎(嘉例川や大隅横川など)に通じるものがあります。

有人駅で自動券売機はなし、きっぷは有人窓口で購入することになります。中国語でなければ、日本の駅と言っても通じそうです。
20160709_4

駅舎自体が台中市の文化財に指定されており、それを記念した碑?が駅舎近くに設置されていました。
20160709_5
繁体字の中国語はなんとなく意味がわかるのが、同じ漢字の国の人だからなんでしょうね(笑)
台湾には日本統治時代の建物がそこかしこに残っており、探してみるのも楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 5日 (火)

台鉄「台北→日南」異級票

20160704_1
これは異級票とよばれるものです。
台湾の鉄道は、きっぷは一列車1枚限りという原則です。区間車など非対号列車の場合は乗り継いで利用できますが、対号列車である自強、キョ光、復興などはすべて1列車1枚で発行されます。

しかし、対号列車は通過駅もありますから、通過する小駅を利用する場合は必然的に対号列車と非対号列車を乗り継ぐことになります。
この際に発行されるのが異級票と呼ばれるものです。
きっぷの券面は、台北→苑裡(えんり)となっていますが、その下に小さく「苑裡→日南 区間車」の文字が入っています。
つまり、このきっぷは台北から苑裡までは自強号、苑裡から日南までは区間車、ということを意味しています。きっぷに「異」の文字が入ることが特徴です。

さて、目的地の日南駅ですが、日本統治下の1922年に開業、その当時の日本風の建物が残っています。
20160704_2

最近駅舎および駅前広場が整備されたようです。駅自体が県の史跡に指定されており、観光客もちらほら見られます。

さて日南駅は台湾の鉄道ファンでは非常に有名な駅ですが、それはまた次回にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

台鉄「追分→成功」乗車券

20160703_1
北から今度は南シリーズです。南といっても国外の台湾ですが(笑)
日本でも有名な追分発成功行きの硬券乗車券です。台湾では硬券乗車券は消滅しつつありますが、この乗車券は縁起物として売れてるのか、補充されているようです。日本的には「人生の岐路で成功のほうにいけますように」ということでしょうか。現地ではどういう解釈なのは気になるところです。
片道15元(約55円)です。

さて、追分-成功間はいわゆるデルタ線と呼ばれるところにあります。実際は地図みたほうが早いでしょう。

成功駅から南の彰化駅、および追分駅から彰化駅までの間は本線の列車が走っていますが、追分-成功をまたいだ需要もあり(主に、海岸沿いの地区から台中方面)この間に区間車(日本でいう普通列車)が走っています。

さて、追分駅はザ・昭和な感じのレトロな駅舎がお出迎え。最近は台鉄も近代化が進んでますが、雰囲気的には80~90年代の国鉄末期・JR初期的な感じになっています。
20160703_2

駅舎内もどこか、嘉例川のような南国九州的なイメージです。なぜか日本語のポスターも。
20160703_3

自動券売機と有人の出札口があり、硬券のきっぷはこちらで買います。窓口に案内が出ているので言葉がわからなくても指差しでなんとかなります(笑)もっとも私がきたときは日本語が話せる駅員でした。

20160703_4

デルタ線ということで、南方面(逆行)は彰化と成功の2つがあります。成功駅まで2.2km。あっというまに到着します。

20160703_5

成功駅も有人駅。
こちらのほうは、やや近代化されたつくりの駅です。
ここで降りる人は私1人で、ほとんどが台中方面に乗車していきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ANA「伊丹→羽田」搭乗券